◎薬理 第103回

薬剤師国家試験 過去問 第103回【薬理】必須問題 問26-40



スポンサーリンク

第103回 問26-40

問26

Gq タンパク質と共役してホスホリパーゼ C を活性化する受容体はどれか。1つ選べ。

  1. アドレナリン β1 受容体
  2. ドパミン D2 受容体
  3. オピオイド μ 受容体
  4. アセチルコリン M2 受容体
  5. ヒスタミン H1 受容体

 

 

 

 

 

解 5

 

問27

長期連用により精神的依存を起こすが、身体的依存は生じにくいのはどれか。1つ選べ。

  1. メタンフェタミン
  2. モルヒネ
  3. アルコール(エタノール)
  4. エチゾラム
  5. フェノバルビタール

 

 

 

 

 

解 1

 

問28

アドレナリン β2 受容体刺激薬の薬理作用はどれか。1つ選べ。

  1. 心拍数低下
  2. 瞳孔散大筋収縮
  3. 膀胱括約筋(内尿道括約筋)収縮
  4. 気管支平滑筋弛緩
  5. グリコーゲン分解抑制

 

 

 

 

 

解 4

 

問29

副交感神経終末から遊離された神経伝達物質の分解を抑制するのはどれか。1つ選べ。

  1. ベタネコール
  2. スコポラミン
  3. ジスチグミン
  4. プラリドキシム
  5. イプラトロピウム

 

 

 

 

 

解 3

問30

ダントロレンの筋弛緩作用の機序はどれか。1つ選べ。

  1. 筋小胞体からの Ca2+ の遊離抑制
  2. 神経筋接合部の神経終末からのアセチルコリンの遊離抑制
  3. 神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の競合的遮断
  4. 神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の不可逆的遮断
  5. 脊髄の γ-アミノ酪酸 GABAB 受容体刺激

 

 

 

 

 

解 1

 

問31

全身麻酔の導入時に、前投与薬(麻酔前投薬)として使用されない薬物はどれか。1つ選べ。

  1. ベクロニウム
  2. ジアゼパム
  3. レミフェンタニル
  4. ピロカルピン
  5. ドロペリドール

 

 

 

 

 

解 4

 

問32

T型 Ca2+ チャネルを遮断することで抗てんかん作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. カルバマゼピン
  2. レベチラセタム
  3. ガバペンチン
  4. フェニトイン
  5. エトスクシミド

 

 

 

 

 

解 5

 

問33

セロトニン 5-HT1A 受容体を選択的に刺激することで抗不安作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. ジアゼパム
  2. スマトリプタン
  3. タンドスピロン
  4. スピペロン
  5. オキサゾラム

 

 

 

 

 

解 3

 

問34

血管平滑筋細胞においてサイクリック AMP(cAMP)を増やすことで血管拡張作用を示すのはどれか。1つ選べ。

  1. カンデサルタン
  2. カルペリチド
  3. ボセンタン
  4. ベラプロスト
  5. プラゾシン

 

 

 

 

 

解 4

 

問35

バソプレシン V2 受容体を遮断する利尿薬はどれか。1つ選べ。

  1. スピロノラクトン
  2. ヒドロクロロチアジド
  3. アゾセミド
  4. トリアムテレン
  5. トルバプタン

 

 

 

 

 

解 5

 

問36

アザセトロンの制吐作用の機序はどれか。1つ選べ。

  1. 化学受容器引き金帯(CTZ)のドパミン D2 受容体遮断
  2. 胃の求心性迷走神経終末のセロトニン 5-HT4 受容体遮断
  3. CTZ のセロトニン 5-HT3 受容体遮断
  4. 嘔吐中枢のヒスタミン H1 受容体遮断
  5. 胃粘膜の知覚神経終末の電位依存性 Na+ チャネル遮断

 

 

 

 

 

解 3

 

問37

副甲状腺細胞のカルシウム受容体(カルシウム感知受容体)を刺激して、パラトルモンの分泌を抑制するのはどれか。1つ選べ。

  1. テリパラチド
  2. シナカルセト
  3. レボチロキシン
  4. フィナステリド
  5. フルタミド

 

 

 

 

 

解 2

 

問38

痛風・高尿酸血症の治療薬のうち、尿路結石を予防する目的で、尿アルカリ化薬が併用されるのはどれか。1つ選べ。

  1. コルヒチン
  2. ベンズブロマロン
  3. フェブキソスタット
  4. ラスブリカーゼ
  5. ナプロキセン

 

 

 

 

 

解 2

 

問39

骨粗しょう症治療薬のエルカトニンの作用機序はどれか。1つ選べ。

  1. 破骨細胞の活性抑制による骨吸収抑制
  2. 骨芽細胞の分化促進
  3. カルシウムの腸管での吸収及び腎臓での再吸収の促進
  4. 骨組織のエストロゲン受容体の活性化
  5. 副甲状腺ホルモンの分泌抑制

 

 

 

 

 

解 1

 

問40

TNF-α(腫瘍壊死因子-α)の作用を阻害するヒト型可溶性 TNF 受容体-Fc 融合タンパク質の生物学的製剤はどれか。1つ選べ。

  1. シクロスポリン
  2. オーラノフィン
  3. インフリキシマブ
  4. エタネルセプト
  5. アバタセプト

 

 

 

 

 

解 4

 

次の問題(問41-55)へ 第103回 過去問一覧 目次へ

 

 

© 2021 ラクヤク